ホームページ制作FANのホームページにお越し頂き、誠にありがとうございます!代表の大嶋伸司と申します。

ここでは、私が神戸でホームページ制作をはじめたきっかけや、簡単なプロフィールにについてお話しさせて頂きます。

地元に貢献できる仕事がしたい

私が神戸市でホームページ制作の仕事をはじめた理由はこの一言に尽きます。

神戸生まれ神戸育ちでヴィッセル神戸が何よりも大好きな私は、大学卒業後は全国転勤で各地を転々としてきましたが、地元神戸への想いを捨てきれず2014年に仕事を辞め、全く畑違いのWeb業界で未経験ながら独立し、現在に至っています。

なぜ、Web業界なのか?と言うと、「これからはネットの時代であり、自分でできそうと思ったから。」という単純な理由からです(笑)

また、大学卒業を機にサッカーとも離れていましたが、神戸に戻ってきてからはヴィッセル神戸のホームスタジアムであるノエスタ近辺に引っ越して、今でも毎週スタジアムに家族と足を運ぶほど、ヴィッセル神戸中心の生活を送っています。

もちろん、最初から上手くいったわけではなく、独立後、1年は無収入でした。今でこそ笑い話ですが、当時はまさに崖っぷちでした。

「このまま何の結果も出せず転職しても雇ってくれるとこなんてあるのかな」など、不安で不安で毎日眠れない日々でした。

ですが、リフレッシュを兼ねてたまたま風呂屋に行ったところ、とあるアイデアをひらめき、それが見事に当たり、何とか無収入から脱し、1年安定して収益をあげれるようになり、2015年1月に法人成りしました。

ただ、私がこれまでやってきたことはあくまでも自分の利益のためのホームページ運用で、誰かのためにホームページを制作したことはありませんでした。

そんな私がホームページ制作を始めたきっかけは、知人からホームページをリニューアルして欲しいと依頼されたことです。

その知人は、業者に数十万円でホームページを作ってもらいましたが、全く効果がない状況でした。スマートフォン対応すらされていません。

しかも、問い合わせフォームもエラーで問い合わせが届かない状況です。修正依頼してもお金を取られる。更新依頼でもお金を取られる。

「いやいや、こんなんでお金とっちゃダメでしょう」

正直、理解できない状況でした。そこで、私がこれまでの経験を活かし、成果の出るホームページにリニューアルしました。スマホ対応はもちろん、同じ地域のライバル店との差別化も考えて施策を行いました。

結果、リニューアルから3ヶ月で「予約お願いします」というメールや、「ホームページを見てきました」というお客さんが日に日に増え始めたのです。

今では、毎日のように店のことを知らない見込み客がホームページを訪れますし、予約も入る状況です。

私として、当然の結果でしたが、知人からは非常に感謝されました。「結果の出るホームページってこんなにも喜ばれるのか。自分のためだけでなく、人のためにホームページを作ってみるのもいいな」とそこで思ったのです。これが、私がホームページ制作をはじめたきっかけです。

また、やっぱり神戸が好きですし、地域でお仕事をされている経営者さまの集客のお手伝いをすることで、少しでも地元にも貢献できるのではないかと考えています。それができれば最高だなと。

ホームページがあれば地域NO.1を狙える

知人のホームページ制作から分かったことが一つあります。それは、地域に特化したホームページを作れば一人勝ちできるということです。

「神戸市」という広範囲で勝負すると難しいですが、灘区・兵庫区・垂水区など、区や駅など特定地域に特化し場合、ライバルが皆無で少し対策しただけで、地域NO.1になれるチャンスは十分にあります。

地域NO.1とは、例えば、グーグルやヤフーで「ケーキ屋」「整骨院」などで検索したときに、ページの1番上に表示されることです。

実は、今の検索結果は西区在住の方が「ケーキ屋」と検索した場合、西区以外のケーキ屋が検索結果に表示されることはありません。西区でかつ、その検索した人がいる場所の近くのケーキ屋が表示される仕組みになっています。

そのため、ホームページがあれば、机上の空論ではなく、地域NO.1になることも決して難しいことではありません。

地元を活性化させるお手伝いをさせてください

もし、あなたが神戸市内でビジネスをされていて、ネットを使い地域NO.1になりたいなら、ホームページ制作FANがお力になれます。

スマートフォンの台頭で、残念ながら雑誌や新聞、折り込みチラシなどの紙媒体の反応は年々落ちてきています。

例え、チラシなどで商品・サービスを知っても、スマホでその商品の口コミや実態などをスマホで検索してから、購入を検討する人も増えています。

そのため、地域でビジネスをする上で、スマートフォン対応のホームページを持っていなければ、多くの機会損失となります。

また、ウェブの世界も先行者利益であり、その地域で先に集客できるホームページを作ったもん勝ちです。検索結果は、先に1位になったサイトを優遇します。

そのため、もしライバルも着手していないなら今がチャンスです。「ホームページで集客しているなんて聞いたことがない」という業種ほどチャンスです。誰もやっていないですからね。

私にそのお手伝いができればこれほど嬉しいことはありません。きっとお力になれると思いますので、ぜひご協力させてください。