神戸市で法人の本店移転と代表取締役の住所変更を同時に行った話

神戸市で法人の本店移転と代表取締役の住所変更を同時に行った話
no-img2
おおしま

はじめまして、神戸の集客できるホームページ制作FAN、代表の大嶋です。

私は、必要に応じて外注さんにお仕事を手伝ってもらってという仕事スタイルのため、基本的に1人法人社長として自宅兼事務所で仕事を行っております。

先日、引っ越しをしたため、本店の住所変更と代表者の住所変更の届け出をする必要性が出てきました。

この記事は、本店移転と代表取締役の住所変更を同時に行った際の備忘録です。

もしかしたら、税理士に依頼したり別の代行サービスを利用して届け出を検討されているかもしれませんが、結論を言うと1人で簡単にできました。かかった費用は4万円です。

  • 本店移転・・・3万円
  • 代表者住所変更・・・1万円

なので、お金をかけたくないなら、ご自身で手続きされることをおすすめします。法務局のテンプレートを使えば余裕です。

管轄外移転なら6万円かかるという事実

代表者の住所変更は1万円ですが、本店移転については2パターンあります。それが、管轄内移転と管轄外移転です。法人設立時の定款の「本店の所在地」をご確認ください。

第 3 条 当会社は、本店を兵庫県神戸市に置く

弊社の場合、このように記載がありました。この場合、兵庫県神戸市内への移転であれば管轄内移転で3万円です。ですが、仮に兵庫県西宮市や明石市、または県外などに移転する場合は管轄外移転ということで6万円かかります。

えらい違いですよね・・・。

税理士によっては、本店の所在地を「兵庫県神戸市●●区」や「兵庫県神戸市●●区●丁目」などにしているケースもあるようです。私は区は違いますが同じ神戸市内の移転だったので、3万円ですみました。

もう一つ、金額以外で管轄内移転と管轄外移転で異なる点があります。それが必要書類です。管轄外移転は「株主総会議事録」の作成が別途必要となります。それぞれの必要書類は法務局の公式HPの下記箇所よりご確認ください。記載例も確認できます。

法務局申請の具体的流れ

申請書類をwordで作成し印刷する

  • 株式会社本店移転登記申請書(管轄登記所内移転)
  • 株式会社本店移転登記申請書(管轄登記所外移転)

まずは、法務局より両者いずれかのwordテンプレをダウンロードしてください。ダウンロードしたら、下記の私が実際に届出した際に使った申請書の内容をコピペして使ってください。

あくまでも、管轄内移転と代表者住所変更を同時申請した申請書なので、管轄外移転に必要な株主総会議事録は含まれておりません。

問題なく作成できれば後は印刷するだけです。

印鑑を押して法務局で申請する

印刷できたら、以下のPDFを参考に該当箇所に印鑑を押して法務局に申請しに行きましょう。

取締役がいる場合は、取締役決定書の名前横に各取締役の認印が必要となりますのでご注意ください。会社の割印は赤丸点線箇所に押印するだけです。

法務局では4万円分の収入印紙を買って窓口で申請します。何か修正が必要であれば後日電話がきますが、特に修正がなければ1週間程度で登記が完了します。ちなみに、私の場合は上記内容の提出資料で1発OKでした。

おわりに

税理士に本店移転と代表者の住所変更を依頼したら少なくとも5万円程度のお金を取られます。私は最初、以下のシステムを使って申請することも検討しましたが、調べると自分でできそうだったので、自分ですべてやりました。

ご自身でやる場合、もし心配なら、法務局で登記手続相談会が実施されているケースもあるので、そこで相談するのも一つです。神戸市はありました。

私も念のため相談に行きましたが、作った書類に修正点はなくそのまま提出していいよと言われました。なので、私の申請テンプレをそのまま使えば、問題なく登記変更できると思います。ただし、一切責任を取れませんので、ご容赦ください。

この記事のURLとタイトルをコピーする